根津美術館

MENU

テーマ展示

テーマ展示

2024年6月1日(土)~7月15日(月・祝)まで開催されるテーマ展示のご紹介です。

展示室2

展示室2

企画展「古美術かぞえうた ―名前に数字がある作品―」(第2会場)
「古美術かぞえうた―名前に数字がある作品―」第2会場では、「仏教美術にあふれる数字」と題し、仏画、仏像、写経、仏具などの名前につけられた数字に注目していただきます。
絵画重要文化財
華厳五十五所絵(善財童子歴参図)
6面のうち
日本・平安時代 12世紀
根津美術館蔵

ホール‐展示室3

ホール‐展示室3

仏教美術の魅力―日本の小金銅仏と仏具―
ホールでは、3世紀のガンダーラで制作された弥勒菩薩立像や中国・北魏~唐時代の石仏を展示。また、展示室3では、飛鳥から鎌倉時代の小金銅仏と仏具をご覧いただきます。
彫刻
観音菩薩立像(部分)
日本・奈良時代 8世紀
根津美術館蔵

展示室4

展示室4

古代中国の青銅器
世界屈指の青銅器コレクションを専用ケースを備えたギャラリーで。
考古重要文化財
双羊尊
青銅
中国 おそらく湖南省 前13-11世紀
根津美術館蔵

展示室5

展示室5

江戸→東京 ―駆け抜ける工芸―
江戸から東京へ。幕藩体制が崩壊し、明治政府により近代化が推し進められた激動の時代を生きた東京の工芸家の作品を、漆工・金工を中心に館蔵品から紹介します。
漆工
夕顔蒔絵板戸
柴田是真・三浦乾也作
日本・江戸時代 19世紀
根津美術館蔵

展示室6

展示室6

季夏の茶の湯
季夏とは陰暦六月の異称。蒸し暑いこの季節にふさわしく、涼を呼ぶ茶道具約20件をとりあわせ、夏の茶の湯をお楽しみいただきます。
陶磁
青井戸茶碗 銘 凉及
朝鮮・朝鮮時代 16世紀
根津美術館蔵

特別ケース

特別ケース

宝飾時計
中国の乾隆帝が愛した豪華な「清朝時計」をぜひ一度ご覧ください。
金工・武具
宝飾時計
イギリス 18世紀 根津美術館蔵