根津美術館

MENU

年間スケジュール

年間スケジュール / 特別展

2023

同時開催

  • 展示室5 地球の裏側からこんにちは!
    ―根津美術館のアンデス染織―
  • 展示室6 初風炉の茶

2024年 4月13日[土]~5月12日[日]展示室 1・2

特別展

国宝・燕子花図屏風 【終了】

-デザインの日本美術-

尾形光琳の「燕子花図屏風」には日本の美術が内包するデザイン性が究極の形で現れています。絵画と工芸の親密な関係にも目配りしながら展観します。

2024年
4月13日[土]~5月12日[日]

展示室 1・2

特別展

国宝・燕子花図屏風 【終了】

-デザインの日本美術-

尾形光琳の「燕子花図屏風」には日本の美術が内包するデザイン性が究極の形で現れています。絵画と工芸の親密な関係にも目配りしながら展観します。

同時開催

  • 展示室5 地球の裏側からこんにちは!
    ―根津美術館のアンデス染織―
  • 展示室6 初風炉の茶

同時開催

  • 展示室5 江戸→東京 駆け抜ける工芸
  • 展示室6 季夏の茶の湯

2024年 6月1日[土]~7月15日[月・祝]展示室 1・2

企画展

古美術かぞえうた

-名前に数字がある作品-

作品名にある数字は、形や色、モチーフなど、その作品にとって重要な意味を持っています。数えることが見ることにつながるのです。

2024年
6月1日[土]~7月15日[月・祝]

展示室 1・2

企画展

古美術かぞえうた

-名前に数字がある作品-

作品名にある数字は、形や色、モチーフなど、その作品にとって重要な意味を持っています。数えることが見ることにつながるのです。

同時開催

  • 展示室5 江戸→東京 駆け抜ける工芸
  • 展示室6 季夏の茶の湯

同時開催

  • 展示室6 追善の茶事

2024年 7月27日[土]~8月25日[日]展示室 1・2・5

企画展

美麗なるほとけ

-館蔵仏教絵画名品展-

仏教絵画のコレクションは、根津美術館の中核をなす作品群です。国宝「那智瀧図」をはじめとする、日本・東洋の仏教絵画の名品をご堪能ください。

2024年
7月27日[土]~8月25日[日]

展示室 1・2・5

企画展

美麗なるほとけ

-館蔵仏教絵画名品展-

仏教絵画のコレクションは、根津美術館の中核をなす作品群です。国宝「那智瀧図」をはじめとする、日本・東洋の仏教絵画の名品をご堪能ください。

同時開催

  • 展示室6 追善の茶事

同時開催

  • 展示室5 やきものに見る白のいろどり
  • 展示室6 名残の茶

2024年 9月14日[土]~ 10月20日[日]展示室 1・2

企画展

夏と秋の美学

-鈴木其一と伊年印の優品とともに-

日本では古来、春と秋がとくに愛されましたが、近世には夏と秋を組み合わせる作品も目立ちます。初夏から晩秋まで、美術で季節の移ろいを楽しみましょう。

2024年
9月14日[土]~ 10月20日[日]

展示室 1・2

企画展

夏と秋の美学

―鈴木其一と伊年印の優品とともに―

日本では古来、春と秋がとくに愛されましたが、近世には夏と秋を組み合わせる作品も目立ちます。初夏から晩秋まで、美術で季節の移ろいを楽しみましょう。

同時開催

  • 展示室5 やきものに見る白のいろどり
  • 展示室6 名残の茶

同時開催

  • 展示室5 花と鳥たちの楽園
  • 展示室6 炉開きの茶会

2024年 11月2日[土]~12月8日[日]展示室 1・2

特別展

百草蒔絵薬箪笥と飯塚桃葉

徳島藩主・蜂須賀家に伝来した「百草蒔絵薬箪笥」について、本草学を手がかりに制作背景を読み解き、その作者・飯塚桃葉(初代)にも迫ります。

2024年
11月2日[土]~12月8日[日]

展示室 1・2

特別展

百草蒔絵薬箪笥と飯塚桃葉

徳島藩主・蜂須賀家に伝来した「百草蒔絵薬箪笥」について、本草学を手がかりに制作背景を読み解き、その作者・飯塚桃葉(初代)にも迫ります。

同時開催

  • 展示室5 花と鳥たちの楽園
  • 展示室6 炉開きの茶会

同時開催

  • 展示室2 一行の書
  • 展示室5 古代中国鏡のミクロコスモス
  • 展示室6 初月の茶会

2024年 12月21日[土]~2025年2月9日[日]展示室 1

企画展

古筆切

-わかちあう名筆の美-

貴重な古筆を切断分割することで、より多くの人が鑑賞できるようになった古筆切。個々の魅力に富む名筆の美しさをお楽しみください。

2024年
12月21日[土]~2024年2月9日[日]

展示室 1

企画展

古筆切

-わかちあう名筆の美-

貴重な古筆を切断分割することで、より多くの人が鑑賞できるようになった古筆切。個々の魅力に富む名筆の美しさをお楽しみください。

同時開催

  • 展示室2 一行の書
  • 展示室5 古代中国鏡のミクロコスモス
  • 展示室6 初月の茶会

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 春情の茶の湯

2025年 2月22日[土]~3月30日[日]展示室 1・2

特別展

片桐石州

-江戸の武家の茶-

片桐石州(1605~73、貞昌、石見守)は江戸前期の大名茶人。江戸幕府の数寄屋坊主や各地の大名など武家に広がりをみせた石州の茶を顕彰します。

2025年
2月22日[土]~3月30日[日]

展示室 1・2

企画展

片桐石州

-江戸の武家の茶-

片桐石州(1605~73、貞昌、石見守)は江戸前期の大名茶人。江戸幕府の数寄屋坊主や各地の大名など武家に広がりをみせた石州の茶を顕彰します。

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 春情の茶の湯