展覧会のご案内

HOME > 展覧会 > 年間スケジュール

年間スケジュール / 特別展

2022

同時開催

  • 展示室5 百椿図―初公開の「邸内遊楽図」とともに―
  • 展示室6 茶湯始 ―新年を祝う―

2022年 1月8日[土]~2月13日[日]展示室 1・2

企画展

文様のちから 【終了】

−技法に託す−

文様とそれを生み出す技法は、切っても切れない関係にあります。染織品をはじめとした工芸作品を中心に、文様と技法の密接な関係を探ります。

2022年
1月8日[土]~2月13日[日]

展示室 1・2

企画展

文様のちから 【終了】

−技法に託す−

文様とそれを生み出す技法は、切っても切れない関係にあります。染織品をはじめとした工芸作品を中心に、文様と技法の密接な関係を探ります。

同時開催

  • 展示室5 百椿図―初公開の「邸内遊楽図」とともに―
  • 展示室6 茶湯始 ―新年を祝う―

同時開催

  • 展示室5 武人画家
  • 展示室6 仲春の茶事

2022年 2月26日[土]~3月31日[木]展示室 1・2

企画展

かたちのチカラ 【終了】

−素材で魅せる−

文様のない器物は、ダイレクトに素材・デザインの力を感じさせます。古代から現代まで、その魅力を漆工品を中心にご紹介します。

2022年
2月26日[土]~3月31日[木]

展示室 1・2

企画展

かたちのチカラ 【終了】

−素材で魅せる−

文様のない器物は、ダイレクトに素材・デザインの力を感じさせます。古代から現代まで、その魅力を漆工品を中心にご紹介します。

同時開催

  • 展示室5 武人画家
  • 展示室6 仲春の茶事

同時開催

  • 展示室5 画賛の楽しみ色々
  • 展示室6 立夏の茶事 ―初風炉―

2022年 4月16日[土]~5月15日[日]展示室 1・2

特別展

燕子花図屏風の茶会 【終了】

―昭和12年5月の取り合わせ―

昭和12年(1937)5月、初代・根津嘉一郎(1860~1940)は茶会を催し、「燕子花図屏風」を披露しました。その時の豪華な道具組を再現します。

2022年
4月16日[土]~5月15日[日]

展示室 1・2

特別展

燕子花図屏風の茶会 【終了】

―昭和12年5月の取り合わせ―

昭和12年(1937)5月、初代・根津嘉一郎(1860~1940)は茶会を催し、「燕子花図屏風」を披露しました。その時の豪華な道具組を再現します。

同時開催

  • 展示室5 画賛の楽しみ色々
  • 展示室6 立夏の茶事 ―初風炉―

同時開催

  • 展示室5 注文された舶来物
  • 展示室6 雨中の茶会

2022年 5月28日[土]~7月3 日[日]展示室 1・2

企画展

阿弥陀如来 【終了】

―浄土への憧れ―

誰もが知るほとけである"阿弥陀さま"。館蔵の仏画を中心として、その日本での信仰の広がりを概観するとともに、高麗仏画の作例もあわせて紹介します。

2022年
5月28日[土]~7月3 日[日]

展示室 1・2

企画展

阿弥陀如来 【終了】

―浄土への憧れ―

誰もが知るほとけである"阿弥陀さま"。館蔵の仏画を中心として、その日本での信仰の広がりを概観するとともに、高麗仏画の作例もあわせて紹介します。

同時開催

  • 展示室5 注文された舶来物
  • 展示室6 雨中の茶会

同時開催

  • 展示室5 歌人のおもかげ ―能面と装束でたどる―
  • 展示室6 暑中の涼 ―夏の茶道具取り合わせ―

2022年 7月16日[土]~8月21 日[日]展示室 1・2

企画展

よめないけど、いいね! 【終了】

―根津美術館の書の名品―

根津美術館の多様な書のコレクションを、名品を中心に紹介。くずし字や変体仮名がよめなくても楽しめるよう、鑑賞のポイントをわかりやすく説明します。

2022年
7月16日[土]~8月21 日[日]

展示室 1・2

企画展

よめないけど、いいね! 【終了】

―根津美術館の書の名品―

根津美術館の多様な書のコレクションを、名品を中心に紹介。くずし字や変体仮名がよめなくても楽しめるよう、鑑賞のポイントをわかりやすく説明します。

同時開催

  • 展示室5 歌人のおもかげ ―能面と装束でたどる―
  • 展示室6 暑中の涼 ―夏の茶道具取り合わせ―

同時開催

  • 展示室5 陶片から学ぶ ―日本陶磁編―
  • 展示室6 清秋の一服

2022年 9月10日[土]~ 10月16日[日]展示室 1・2

企画展

蔵出し蒔絵コレクション 【終了】

根津美術館所蔵の蒔絵作品をまとめてご紹介する初の機会です。おなじみのものから初お目見えまで、精緻な技と金の燦めきをお楽しみいただきます。

2022年
9月10日[土]~ 10月16日[日]

展示室 1・2

企画展

蔵出し蒔絵コレクション 【終了】

根津美術館所蔵の蒔絵作品をまとめてご紹介する初の機会です。おなじみのものから初お目見えまで、精緻な技と金の燦めきをお楽しみいただきます。

同時開催

  • 展示室5 陶片から学ぶ ―日本陶磁編―
  • 展示室6 清秋の一服

同時開催

  • 展示室5 彫漆 ―あこがれの唐物―
  • 展示室6 茶人の正月 ―口切―

2022年 11月3日[木・祝]~12月4日[日]展示室 1・2

特別展

将軍家の襖絵

室町時代の足利将軍邸は、今は失われた多くの襖絵で飾られていました。室町末〜江戸初期の屏風絵により、その世界を復元します。

2022年
11月3日[木・祝]~12月4日[日]

展示室 1・2

特別展

将軍家の襖絵

室町時代の足利将軍邸は、今は失われた多くの襖絵で飾られていました。室町末〜江戸初期の屏風絵により、その世界を復元します。

同時開催

  • 展示室5 彫漆 ―あこがれの唐物―
  • 展示室6 茶人の正月 ―口切―

同時開催

  • 展示室5 山水
  • 展示室6 徐夜釜 ―新年を迎える―

2022年 12月17日[土]~2023年 2月5日[日]展示室 1・2

企画展

遊びの美

日々の暮らしに潤いを与える遊びには、教養や技芸を磨くという側面がありました。文化としての遊びの諸相を、古筆や絵画などの美術に探ります。

2022年
12月17日[土]~2023年2月5日[日]

展示室 1・2

企画展

遊びの美

日々の暮らしに潤いを与える遊びには、教養や技芸を磨くという側面がありました。文化としての遊びの諸相を、古筆や絵画などの美術に探ります。

同時開催

  • 展示室5 山水
  • 展示室6 徐夜釜 ―新年を迎える―

同時開催

  • 展示室5 西田コレクション受贈記念Ⅰ IMARI
  • 展示室6 花どきの茶

2023年 2月18日[土]~3月31日[金]展示室 1・2

企画展

仏具の世界

仏具には一目では何に使うかわからないものが少なくありません。本展は館蔵の仏教美術の名品を、「用」の側面から捉えて紹介する展覧会です。

2023年
2月18日[土]~3月31日[金]

展示室 1・2

企画展

仏具の世界

仏具には一目では何に使うかわからないものが少なくありません。本展は館蔵の仏教美術の名品を、「用」の側面から捉えて紹介する展覧会です。

同時開催

  • 展示室5 西田コレクション受贈記念Ⅰ IMARI
  • 展示室6 花どきの茶

2023

同時開催

  • 展示室5 西田コレクション受贈記念Ⅱ
    唐物
  • 展示室6 初夏の茶の湯

2023年 4月15日[土]~5月14日[日]展示室 1・2

特別展

国宝・燕子花図屏風

-光琳の生きた時代 1658~1716-

元禄文化を象徴する名品「燕子花図屏風」を中心に、江戸前期から中期に及ぶ約60年の絵画の歴史を切り取ってご覧に入れます。

2023年
4月15日[土]~5月14日[日]

展示室 1・2

特別展

国宝・燕子花図屏風

-光琳の生きた時代 1658~1716-

元禄文化を象徴する名品「燕子花図屏風」を中心に、江戸前期から中期に及ぶ約60年の絵画の歴史を切り取ってご覧に入れます。

同時開催

  • 展示室5 西田コレクション受贈記念Ⅱ
    唐物
  • 展示室6 初夏の茶の湯

同時開催

  • 展示室5 西田コレクション受贈記念Ⅲ
    阿蘭陀・安南 etc.
  • 展示室6 涼一味の茶

2023年 5月27日[土]~7月2日[日]展示室 1・2

企画展

救いのみほとけ

-お地蔵さまの美術-

日本でもっとも親しまれてきたほとけである地蔵菩薩。館蔵の仏画や仏像を中心に、地蔵に関わるさまざまな作品を紹介します。

2023年
5月27日[土]~7月2日[日]

展示室 1・2

企画展

救いのみほとけ

-お地蔵さまの美術-

日本でもっとも親しまれてきたほとけである地蔵菩薩。館蔵の仏画や仏像を中心に、地蔵に関わるさまざまな作品を紹介します。

同時開催

  • 展示室5 西田コレクション受贈記念Ⅲ
    阿蘭陀・安南 etc.
  • 展示室6 涼一味の茶

同時開催

  • 展示室5 物語で楽しむ能面
  • 展示室6 盛夏の茶事

2023年 7月15日[土]~8月20日[日]展示室 1・2

企画展

物語る絵画

根津美術館の多様な書のコレクションを、名品を中心に紹介。くずし字や変体仮名がよめなくても楽しめるよう、鑑賞のポイントをわかりやすく説明します。

2023年
7月15日[土]~8月20 日[日]

展示室 1・2

企画展

物語る絵画

根津美術館の多様な書のコレクションを、名品を中心に紹介。くずし字や変体仮名がよめなくても楽しめるよう、鑑賞のポイントをわかりやすく説明します。

同時開催

  • 展示室5 物語で楽しむ能面
  • 展示室6 盛夏の茶事

同時開催

  • 展示室5 二月堂焼経
    -焼けてもなお煌めく-
  • 展示室6 月見の茶

2023年 9月2日[土]~ 10月15日[日]展示室 1・2

企画展

甲冑・刀・刀装具

-光村コレクション・ダイジェスト-

根津美術館が所蔵する実業家・光村利藻が蒐集した刀装具を中心とした秀逸なコレクションを、甲冑も含めてあらためて紹介します。

2023年
9月2日[土]~ 10月15日[日]

展示室 1・2

企画展

甲冑・刀・刀装具

―光村コレクション・ダイジェスト―

根津美術館が所蔵する実業家・光村利藻が蒐集した刀装具を中心とした秀逸なコレクションを、甲冑も含めてあらためて紹介します。

同時開催

  • 展示室5 二月堂焼経
    -焼けてもなお煌めく-
  • 展示室6 月見の茶
Image: TNM Image Archives

同時開催

  • 展示室6 北宋工芸
    -館蔵品より-

2023年 11月3 日[金・祝]~12月3日[日]展示室 1・2・5

特別展

北宋書画精華

中国・北宋時代を代表する画家の一人、李公麟(1049?~1106)の幻の真作「五馬図巻」(東京国立博物館蔵)が90年ぶりに出現したことを契機とし、同時代の名品を一堂に集めます。

2023年
11月3 日[金・祝]~12月3日[日]

Image: TNM Image Archives
展示室 1・2・5

特別展

北宋書画精華

中国・北宋時代を代表する画家の一人、李公麟(1049?~1106)の幻の真作「五馬図巻」(東京国立博物館蔵)が90年ぶりに出現したことを契機とし、同時代の名品を一堂に集めます。

同時開催

  • 展示室6 北宋工芸
    -館蔵品より-

同時開催

  • 展示室5 中国の故事と人物
  • 展示室6 寿茶会 -来福を願う-

2023年 12月16日[土]~2024年1月28日[日]展示室 1・2

企画展

繡と織

-華麗なる日本染織の世界-

古来、人々の営みを彩り続けた染織品。奈良時代の古裂から江戸時代の能装束や小袖まで、当館所蔵の刺繡と織を中心とした作品をご覧ください。

2023年
12月16日[土]~2024年1月28日[日]

展示室 1・2

企画展

繡と織

-華麗なる日本染織の世界-

古来、人々の営みを彩り続けた染織品。奈良時代の古裂から江戸時代の能装束や小袖まで、当館所蔵の刺繡と織を中心とした作品をご覧ください。

同時開催

  • 展示室5 中国の故事と人物
  • 展示室6 寿茶会 -来福を願う-

同時開催

  • 展示室5 ひな人形と百椿図
  • 展示室6 春の茶の湯 -釣り釜-

2024年 2月10 日[土]~3月26日[火]展示室 1・2

企画展 展示室1

魅惑の朝鮮陶磁

特別企画 展示室2

謎解き奥高麗茶碗

古くから日本の陶磁器に強い影響を与えてきた朝鮮陶磁の歴史を館蔵品で概観すると共に、高麗茶碗の魅力を見つめ直します。展示室2では特別企画も。

2024年
2月10 日[土]~3月26日[火]

展示室 1・2

企画展 展示室1

魅惑の朝鮮陶磁

特別企画 展示室2

謎解き奥高麗茶碗

古くから日本の陶磁器に強い影響を与えてきた朝鮮陶磁の歴史を館蔵品で概観すると共に、高麗茶碗の魅力を見つめ直します。展示室2では特別企画も。

同時開催

  • 展示室5 ひな人形と百椿図
  • 展示室6 春の茶の湯 -釣り釜-
  • 特別展
    • 次の展覧会
    • これまでの展覧会
  • コレクション展
  • いま鑑賞できるコレクション
  • 年間スケジュール

ページの先頭へ