根津美術館

MENU

庭園

庭園散策

根津美術館を訪れる楽しみの一つに、都会のオアシスとも言われる庭園の散策があります。1階の庭園口、または地階の茶席口から出て石畳の小径を進み樹々の中へ入ってゆくと、茶席やさまざまな石造物が見えてきます。ここは、その起伏に富んだ土地を気に入った初代根津嘉一郎が明治39年に求めた場所です。深山幽谷の趣のある庭園を造り、田舎家風の建物や茶席を配し、大正2年にはその成果を世に問うとして「庭園講評会」を行いました。
新しい美術館の建設に際して、主要な園路をこれまでの飛び石から歩きやすい石畳に改めました。自然そのままの景観を作り出した初代の意を汲みつつ、誰もが散策を楽しめる庭園に作り替えたともいえます。美術館鑑賞のあとに、緑豊かな庭園の四季の移ろいをお楽しみください。

庭園マップ

見たい場所のアルファベットや数字を地図の下にあるボタンから選択して押すと、写真と説明をご覧いただけます。

※下のボタンから選択してください。

  • 茶室

    弘仁亭・無事庵 閑中庵・牛部屋 披錦斎・一樹庵 斑鳩庵・清渓亭
  • 根津美術館八景

    月の石船 弘仁亭の燕子花 東熊野 ほたらか山 薬師堂の竹林 披錦斎の紅葉 吹上の井筒 天神の飛梅師祠
  • NEZUCAFÉ

庭園パノラマビュー

見たい場所のカメラの番号を地図の下のボタンから選択して押すと、パノラマビューがご覧いただけます。画面内を見たい方向にスライドして360度すべての方向から景観をお楽しみください。

※下のボタンから選択してください。

いまの庭園

(5月12日8:00撮影)