展覧会のご案内

HOME > 展覧会 > 年間スケジュール

年間スケジュール / 特別展

2017

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 点初め ―新年を祝う―

2017年 1月7日[土]~2月19日[日]展示室1・2

コレクション展

染付誕生400年 【終了】

日本で磁器生産が始まっておよそ400年。当館の山本コレクションでその全容をたどります。

1月7日[土]~2月19日[日]

展示室1・2

コレクション展

染付誕生400年 【終了】

日本で磁器生産が始まっておよそ400年。当館の山本コレクションでその全容をたどります。

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 点初め ―新年を祝う―

同時開催

  • 展示室5 更紗の魅力
  • 展示室6 大師会と根津青山

2017年 3月4日[土]~3月31日[金]展示室1・2

特別展

高麗仏画 【終了】

-香りたつ装飾美-

高麗王朝を彩る仏教絵画の名品を一堂に展示。濃密、華麗な装飾表現の秘密を探ります。

3月4日[土]~3月31日[金]

展示室1・2

特別展

高麗仏画 【終了】

香りたつ装飾美

高麗王朝を彩る仏教絵画の名品を一堂に展示。濃密、華麗な装飾表現の秘密を探ります。

同時開催

  • 展示室5 更紗の魅力
  • 展示室6 大師会と根津青山

同時開催

  • 展示室5 行楽を楽しむ器 ―提重と重箱 ―
  • 展示室6 新緑のころ ―初夏の茶の湯―

2017年 4月12日[水]~5月14日[日]展示室1・2

特別展

燕子花図と夏秋渓流図 【終了】

尾形光琳と鈴木其一。根津美術館が誇る琳派の2大傑作を合わせてご堪能いただきます。

4月12日[水]~5月14日[日]

展示室1・2

特別展

燕子花図と夏秋渓流図 【終了】

尾形光琳と鈴木其一。根津美術館が誇る琳派の2大傑作を合わせてご堪能いただきます。

同時開催

  • 展示室5 行楽を楽しむ器 ―提重と重箱 ―
  • 展示室6 新緑のころ ―初夏の茶の湯―

同時開催

  • 展示室5 焼き締め陶
  • 展示室6 涼一味の茶

2017年 5月25日[木]~7月2日[日]展示室1・2

企画展

はじめての古美術鑑賞 【終了】

―紙の装飾―

書や絵画を書くための紙(料紙)にほどこされた多様な装飾を、作品を例にやさしく解説します。

5月25日[木]~7月2日[日]

展示室1・2

企画展

はじめての古美術鑑賞 【終了】

―紙の装飾―

書や絵画を書くための紙(料紙)にほどこされた多様な装飾を、作品を例にやさしく解説します。

同時開催

  • 展示室5 焼き締め陶
  • 展示室6 涼一味の茶

同時開催

  • 展示室5 幸若舞絵巻
  • 展示室6 盛夏の茶事

2017年 7月13日[木]~9月3日[日]展示室1・2

企画展

やきもの勉強会 【終了】

―食を彩った大皿と小皿―

時代や産地が異なる様々な皿を、特別な器と日用の器を取り合わせてご覧いただきます。

7月13日[木]~9月3日[日]

展示室1・2

企画展

やきもの勉強会 【終了】

―食を彩った大皿と小皿―

時代や産地が異なる様々な皿を、特別な器と日用の器を取り合わせてご覧いただきます。

同時開催

  • 展示室5 幸若舞絵巻
  • 展示室6 盛夏の茶事

同時開催

  • 展示室5 水瓶
  • 展示室6 菊月の茶会

2017年 9月14日[木]~10月22日[日]展示室1・2

企画展

ほとけを支える 【終了】

―蓮華・霊獣・天部・邪鬼―

蓮華に坐す如来から、邪鬼を踏みつけて立つ明王まで、ほとけを支えるものの表現と意味を考えます。

9月14日[木]~10月22日[日]

展示室1・2

企画展

ほとけを支える 【終了】

―蓮華・霊獣・天部・邪鬼―

蓮華に坐す如来から、邪鬼を踏みつけて立つ明王まで、ほとけを支えるものの表現と意味を考えます。

同時開催

  • 展示室5 水瓶
  • 展示室6 菊月の茶会

同時開催

  • 展示室5 国宝根本百一羯磨
  • 展示室6 歳暮の茶

2017年 11月3日[金・祝]~12月17日[日]展示室1・2

特別展

鏨(たがね)の華

―光村コレクションの刀装具―

明治期に刀剣と刀装の技術に魅せられた実業家・光村龍獅堂。その足跡と稀代のコレクションを公開します。

11月3日[金・祝]~12月17日[日]

展示室1・2

特別展

鏨(たがね)の華

―光村コレクションの刀剣・刀装具―

明治期に刀剣と刀装の技術に魅せられた実業家・光村龍獅堂。その足跡と稀代のコレクションを公開します。

同時開催

  • 展示室5 国宝根本百一羯磨
  • 展示室6 歳暮の茶

2018

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 戊戌の春 ―新年の茶会―

2018年 1月10日[水]~2月12日[月・祝]展示室1・2

企画展

墨と金

―狩野派の絵画―

日本絵画史上最大の流派・狩野派の作品を、大画面の屏風を中心にご覧いただきます。

1月10日[水]~2月12日[月・祝]

展示室1・2

企画展

墨と金

―狩野派の絵画―

日本絵画史上最大の流派・狩野派の作品を、大画面の屏風を中心にご覧いただきます。

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 戊戌の春 ―新年の茶会―

同時開催

  • 展示室2 釜
  • 展示室5 歌詠みの書 ―懐紙と短冊―
  • 展示室6 花月の茶

2018年 2月22日[木]~3月31日[土]展示室1

企画展

香合百花繚乱

陶磁器から漆工まで、茶席を彩る小さな香合の愛らしい姿をお楽しみください。

2月22日[木]~3月31日[土]

展示室1

企画展

香合百花繚乱

陶磁器から漆工まで、茶席を彩る小さな香合の愛らしい姿をお楽しみください。

同時開催

  • 展示室2 釜
  • 展示室5 歌詠みの書 ―懐紙と短冊―
  • 展示室6 花月の茶

同時開催

  • 展示室6 初風炉の茶

2018年 4月14日[土]~5月13日[日]展示室 1・2・5

特別展

光琳と乾山

―芸術家兄弟・響き合う美意識―

画家でありデザイナーでもある尾形光琳と、その弟で陶芸家の乾山。二人の個性と美の交わりを展観します。

4月14日[土]~5月13日[日]

展示室 1・2・5

特別展

光琳と乾山

―芸術家兄弟・響き合う美意識―

画家でありデザイナーでもある尾形光琳と、その弟で陶芸家の乾山。二人の個性と美の交わりを展観します。

同時開催

  • 展示室6 初風炉の茶

同時開催

  • 展示室5 茶道具の銘と和歌
  • 展示室6 季夏の茶の湯 ―名水点て―

2018年 5月24日[木]~7月8日[日]展示室 1・2

企画展

はじめての古美術鑑賞

―漆の技法とデザイン―

我が国に伝世した日本や中国、朝鮮、そして東南アジアの漆器をとりあげて、それらの技法とデザインについて学びます。

5月24日[木]~7月8日[日]

展示室 1・2

企画展

はじめての古美術鑑賞

―漆の技法とデザイン―

我が国に伝世した日本や中国、朝鮮、そして東南アジアの漆器をとりあげて、それらの技法とデザインについて学びます。

同時開催

  • 展示室5 茶道具の銘と和歌
  • 展示室6 季夏の茶の湯 ―名水点て―

7月9日[月]~8月31日[金]

設備整備のため、休館いたします。

7月9日[月]~8月31日[金]

設備整備のため、休館いたします。

同時開催

  • 展示室5 小袖の文様
  • 展示室6 名残の茶

2018年 9月1日[土]~10月8日[月・祝]展示室 1・2

企画展

禅僧の交流

―墨蹟と水墨画への誘い―

禅僧は、日本や中国の文化の担い手であり、相互の交流もありました。彼らの書である墨蹟や、彼らが詠んだ詩を付した絵画などをご覧いただきます。

9月1日[土]~10月8日[月・祝]

展示室 1・2

企画展

禅僧の交流

―墨蹟と水墨画への誘い―

禅僧は、日本や中国の文化の担い手であり、相互の交流もありました。彼らの書である墨蹟や、彼らが詠んだ詩を付した絵画などをご覧いただきます。

同時開催

  • 展示室5 小袖の文様
  • 展示室6 名残の茶

同時開催

  • 展示室5 手鑑
  • 展示室6 茶人の正月 ―開炉―

2018年 10月20日[土]~12月16日[日]展示室 1・2

特別展

新・桃山の茶陶

信楽・備前・志野・織部・伊賀など、16世紀末から17世紀初期に作られた桃山の茶陶。遺跡出土品を交え、再考します。

10月20日[土]~12月16日[日]

展示室 1・2

特別展

新・桃山の茶陶

信楽・備前・志野・織部・伊賀など、16世紀末から17世紀初期に作られた桃山の茶陶。遺跡出土品を交え、再考します。

同時開催

  • 展示室5 手鑑
  • 展示室6 茶人の正月 ―開炉―

2019

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 初釜 ―新春を寿ぐ―

2019年 1月10日[木]~2月17日[日]展示室 1・2

企画展

酒呑童子絵巻

―鬼退治の物語―

源頼光らが都の婦女を略奪する酒呑童子を退治する物語絵巻3種を展示。初の全巻公開となる住吉広尚の8巻本が見どころです。

1月10日[木]~2月17日[日]

展示室 1・2

企画展

酒呑童子絵巻

―鬼退治の物語―

源頼光らが都の婦女を略奪する酒呑童子を退治する物語絵巻3種を展示。初の全巻公開となる住吉広尚の8巻本が見どころです。

同時開催

  • 展示室5 百椿図
  • 展示室6 初釜 ―新春を寿ぐ―

同時開催

  • 展示室5 旧竹田宮家の雛道具
  • 展示室6 暮春の茶の湯

2019年 2月28日[木]~3月31日[日]展示室 1・2

企画展

ほとけをめぐる花の美術

蓮、宝相華、沙羅―いずれも仏教絵画に欠かせない花たちです。ほとけたちを彩る芳しき花の美術を展示いたします。

2月28日[木]~3月31日[日]

展示室 1・2

企画展

ほとけをめぐる花の美術

蓮、宝相華、沙羅―いずれも仏教絵画に欠かせない花たちです。ほとけたちを彩る芳しき花の美術を展示いたします。

同時開催

  • 展示室5 旧竹田宮家の雛道具
  • 展示室6 暮春の茶の湯
  • 特別展
    • 次の展覧会
    • これまでの展覧会
  • コレクション展
  • いま鑑賞できるコレクション
  • 年間スケジュール

ページの先頭へ