コレクション

HOME > コレクション > 彫刻 > 地蔵菩薩立像

彫刻

一覧に戻る

地蔵菩薩立像

  • 重要文化財

地蔵菩薩立像
じぞうぼさつりゅうぞう

  • 日本・平安時代 久安3年(1147)
  • 木造彩色 1軀
  • 像高160.0cm
  • [20011]

平安時代後期の美意識を反映した、温雅な面立ちの地蔵菩薩である。像内の墨書から久安3年(1147)11月に源貞兼(みなもとのさだかね)が現世安穏と後生菩提のために造立したことが知られていたが、近年、本像と同人とみられる願主や結縁者(けちえんしゃ)を記した像高4尺の阿弥陀如来坐像の存在が確認されたことにより(文化庁蔵)、本像は阿弥陀を中心とする三尊像の脇侍であった可能性が考えられるようになった。当初の彩色をとどめる平安時代後期の基準作としても、貴重な遺例である。

コレクションTOP

  • 書蹟
  • 絵画
  • 彫刻
  • 金工・武具
  • 陶磁
  • 漆工
  • 木竹
  • 染織
  • 考古

ページの先頭へ