コレクション

HOME > コレクション > 絵画 > 五百羅漢図

絵画

一覧に戻る

五百羅漢図

  • 重要文化財

五百羅漢図
ごひゃくらかんず

  • 吉山明兆(きちざんみんちょう)筆
  • 日本・南北朝時代 14世紀
  • 絹本着色 2幅
  • (各)縦174.0cm 横89.9cm
  • [10004]

京都・東福寺に伝来する「五百羅漢図」45幅と一具をなす2幅で、本来は五百羅漢を表した50幅の連作であった。筆者の明兆(1351〜1431)は、大道一以(だいどういちい)にしたがって東福寺に入り、画僧として多くの絵画制作にあたった。本図は、南宋の林庭珪(りんていけい)・周季常(しゅうきじょう)筆「五百羅漢図」百幅本を原本にして、永徳3年(1383)より3年を費やして描いた記念的作品である。水墨で奥行きのある遠景表現を表す手法には、後年水墨画家として活躍した明兆の資質がうかがわれる。

コレクションTOP

  • 書蹟
  • 絵画
  • 彫刻
  • 金工・武具
  • 陶磁
  • 漆工
  • 木竹
  • 染織
  • 考古

ページの先頭へ