根津美術館

MENU

漆工

堆朱牡丹文盆

堆朱牡丹文盆
ついしゅぼたんもんぼん

  • 「大明永楽年製」銘
  • 中国・明時代 永楽年間(1403〜25)
  • 1枚
  • 高4.3cm 口径32.4cm 底径24.5cm
  • [50590]

太い玉縁をめぐらして、わずかに内側に抱え込んだ形をした円形の盆である。大きな牡丹花を中心に5つの牡丹花と重なり合う蕾や葉を見込み一面に配している。漆を何回も厚く塗り重ねたものに刀で文様を彫りあらわす、彫漆という技法で作られた盆である。上質の朱漆が厚く塗り重ねられ、深く彫り込まれた牡丹花の表現は写実的で、立体感に富んだ彫りがみごとである。底裏の左端に「大明永楽年製」の針刻銘があることから、明代永楽帝の頃に製作された宮廷向けの品であることが知られる。

一覧に戻る