根津美術館

MENU

絵画

江天遠意図


  • 全図

  • 部分
  • 重要文化財

江天遠意図
こうてんえんいず

  • 伝 周文(しゅうぶん)筆・
    大岳周崇(だいがくしゅうすう)ほか11僧賛
  • 日本・室町時代 15世紀
  • 紙本墨画淡彩 1幅
  • 縦116.4cm 横32.8cm
  • [10165]

図上に大岳周崇ほか11人の禅僧が着賛する典型的な詩画軸である。詩画軸とは、画中に多くの漢詩文をともない、そこに詩画一致の世界を形成する画軸。禅宗の社会における隠逸思想と文雅の気風とがあいまって、相国寺(しょうこくじ)の画僧周文(しゅうぶん)らを中心に、ことに応永年間(1394〜1428)に盛行した。平遠とよばれる構図法による画面は現実感にあふれ、孤舟をつなぐ柴門(さいもん)の茅屋(ぼうおく)に松声を聴きつつ、江水(こうすい)を隔てた遠山を望む書斎生活の楽しさを詩画ともに詠(うた)っていて趣深い。伝称筆者周文の作とすれば、応永26年(1419)以前のもっとも早い時期の作例となる。

一覧に戻る